業務に役立つ!ダウンロードコンテンツ

ダウンロードコンテンツのメリットとは・・・

ダウンロードコンテンツのメリット

 

『マーケティングや集客、販売促進に関する基本知識』を解説!

『マーケティングや集客、販売促進に関する基本知識』を解説!

マーケティングや集客、販売促進業務を進める中で、意識せず何気なく使うことの多い用語や、知っておきたい基本知識に関するブログ記事を紹介しています。

BtoBで使われる「リード」の意味とは?

No.47_BtoBで使われる「リード」の意味とは?

マーケティング界隈でよく使われる『リード』。何を意味しているのか、なぜBtoBで必要なのか、獲得する代表的な方法、実施する際におさえておくポイントを解説しています。

(目次)
■「リード」とは?
■リードを獲得するには?~オフライン~
■リードを獲得するには?~オンライン~
■リード獲得施策を行う際におさえていくべき2つのポイント

拡販の起爆剤になる!?『ブーム』『流行』『バズる』現象

No.64_拡販の起爆剤になる!?『ブーム』『流行』『バズる』現象

取り扱う商品・サービスがより売れる『起爆剤』として思い浮かぶ『ブーム』や『流行』、『バズる』といった現象。それぞれの意味と違い、発生する要因や近年ブームになった商品のブームの持続期間などについて解説しています。

(目次)
■取扱商品やサービスがより売れる『起爆剤』となる現象
■『ブーム』『流行』『バズる』とは?
■なぜ『ブーム』『流行』『バズる』のか?
■ブームになったもの①タピオカ
■ブームになったもの②パンケーキ
■ブームになったもの③マリトッツォ
■ブームになったもの④ハンドスピナー
■ブームになったもの⑤台湾カステラ
■最後に

マーケターが把握しておきたい『4大マスメディア』とは!?

No.81_マーケターが把握しておきたい『4大マスメディア』とは!?

『4大マスメディア』と呼ばれる、新聞、雑誌、テレビ、ラジオの媒体それぞれの最近の傾向と、現場のマーケターの目線で把握しておきたいポイント、「広告出稿して効果が出るのか」という視点を踏まえて解説しています。

(目次)
■リード獲得する『場所』としてメジャーな『4大マスメディア』
■新聞広告
■雑誌広告
■ラジオ広告
■テレビ広告

ホワイトペーパーダウンロードはこちらのページ!

『マーケティングの根幹となる戦略と戦術』を解説!

『マーケティングの根幹となる戦略と戦術』を解説!

マーケティングアクションを行う前に決めるべき根幹となるポイントである、何をどのようにやるかを決定する『戦略』と、実行するための手段である『戦術』に関するブログ記事を紹介しています。

ホームページに『電話番号』は公開すべき!?

No.94_ホームページに『電話番号』は公開すべき!?

さまざまな社会情勢が変化する中で「電話番号」を公開することによるデメリットも顕著になってきています。ビジネスで電話番号の運用に悩むタイミングや、現在の「電話」に関するさまざまな傾向、「電話番号」を公開していることで起こったトラブル例や、公開する方がメリットのあるビジネスなどについて解説しています。

(目次)
■これまで「電話番号を公開する」ことは至極当たり前でしたが・・・
■「電話番号」を公開すべきか悩むタイミング:起業・会社設立時
■「電話番号」を公開すべきか悩むタイミング:営業電話がしつこい
■最近の「固定電話(代表電話)」の運用傾向
■最近の若年層の傾向
■「電話番号」を公開していることによって弊害が起こった例
■「電話番号」を公開した方が良いケース
■まとめ

ホワイトペーパーダウンロードはこちらのページ!

『見込み客の獲得やブランディング目的で出稿する広告効果』を解説!

『見込み客の獲得やブランディング目的で出稿する広告効果』を解説!

見込み客(リード)の獲得や、認知度や知名度を上げるブランディング目的で出稿することの多い『広告』。
広告によって受け手である読者や聴取者(リスナー)といった消費者に与える効果に関するブログ記事を紹介しています。

併せて、商業施設や店舗に活用できる心理効果も紹介しています。

直前に見聞きした広告が影響して買ってしまう!?『リーセンシー効果』

No.65_直前に見聞きした広告が影響して買ってしまう!?『リーセンシー効果』

購買の直前に接触した広告が消費者心理に与える影響を意味する『リーセンシー効果』。由来や発祥から、「リーセンシー」の意味、活用例や類似する心理事象について解説しています。

(目次)
■『リーセンシー効果』とは?
■最後に

Web広告出稿時に理解しておきたい『リーセンシー』

No.66_Web広告出稿時に理解しておきたい『リーセンシー』

Web広告の出稿時には欠かせない指標の一つである『リーセンシー』。『リーセンシー効果』との違いや、混同しがちな「フリークエンシー」、リーセンシーの活用例について解説しています。

(目次)
■「4大メディア」による影響で生じる『リーセンシー効果』
■Web広告領域における「リーセンシー」とは?
■リーセンシーと混同しがちな「フリークエンシー」
■「リーセンシー」の活用例
■最後に

2つの広告が相乗効果を起こして購買を誘発!?『イメージャリー・トランスファー効果』

No.82_2つの広告が相乗効果を起こして購買を誘発!?『イメージャリー・トランスファー効果』

音声情報を聴いた聴取者が、他の視覚的なメディア広告を思い起こす『イメージャリー・トランスファー効果』。効果を発揮させる方法や具体的な活用例、ほかに音声メディアによって誘発される心理効果などについて解説しています。

(目次)
■『イメージャリー・トランスファー効果』とは?
■ラジオ広告の最近の傾向
■イメージャリー・トランスファー効果を発揮させる方法とは?
■イメージャリー・トランスファー効果の具体的な活用例
■ラジオ広告により促される心理効果
■まとめ

ラジオCMが他の広告効果を増大させる!?『押し上げ効果』

No.83_ラジオCMが他の広告効果を増大させる!?『押し上げ効果』

1種類単体の媒体での広告展開よりも、複数の広告媒体に出稿することで、商品やサービスの知名度や認知度が上昇する『押し上げ効果』。検証例やラジオCMによって誘発される他の心理効果、併用して広告出稿する際の注意点などについて解説しています。

(目次)
■『押し上げ効果』とは?
■押し上げ効果の検証例
■ラジオ広告により促される心理効果
■最後に

前後のイメージを無意識に紐づけることで購買意欲がアップ!?『クレショフ効果』

No.87_前後のイメージを無意識に紐づけることで購買意欲がアップ!?『クレショフ効果』

前後のつながりのない画像や映像を無意識に関連付ける『クレショフ効果』。由来やテレビCMを中心とした具体例、類似した心理効果とメリットや注意点などについて解説しています。

(目次)
■『クレショフ効果』とは?
■クレショフ効果の具体例
■クレショフ効果と類似した心理効果
■クレショフ効果のメリットと注意点
■まとめ

周辺情報を変えることで商品やサービスの『価値』が高まる!?『文脈効果』

No.88_周辺情報を変えることで商品やサービスの『価値』が高まる!?『文脈効果』

先行する情報や状況と、後続する自身の脳内記憶が紐づくことで、対象となるモノの意味合いが変化し、人間の認知や行動が変容する『文脈効果』。由来やマーケティングでの活用例、関連・類似する心理的作用について解説しています。

(目次)
■『文脈効果』とは?
■マーケティングでの活用例
■文脈効果と関連・類似する心理的作用
■最後に

店舗の集客効果や売上アップが期待できる!?『噴水効果』

No.89_店舗の集客効果や売上アップが期待できる!?『噴水効果』

最初に対象へ喜ぶ情報を与えることで、さらなるアクションを促すことができる『噴水効果』。この小売業でよく用いられる心理テクニックのビジネス(マーケティング)への活用例や、関連する心理効果などについて解説しています。

(目次)
■『噴水効果』とは?
■ビジネス(マーケティング)への活用例
■『噴水効果』も含まれる波及三原則
■まとめ

来店客を回遊させて店舗全体の売上アップ!?『シャワー効果』

No.90_来店客を回遊させて店舗全体の売上アップ!?『シャワー効果』

シャワーのように「上(階)から下(階)へ」と、お客を引き込むことで売上アップを図る『シャワー効果』。小売業でよく用いられる心理テクニックのビジネス(マーケティング)への活用例や、関連する心理効果などについて解説しています。

(目次)
■『シャワー効果』とは?
■ビジネス(マーケティング)への活用例
■『シャワー効果』も含まれる波及三原則
■まとめ

集客効果を拡散・伝播させて消費者の回遊性がアップ!?『散水効果』

No.91_集客効果を拡散・伝播させて消費者の回遊性がアップ!?『散水効果』

同じ階(フロア)にお客を拡散・伝播させるという心理テクニックである『散水効果』。実際のビジネスでの活用例や関連する心理効果などについて解説しています。

(目次)
■『散水効果』とは?
■ビジネス(マーケティング)への活用例
■『散水効果』も含まれる波及三原則
■まとめ

知名度や認知度アップが期待でき店舗立地の悪さを挽回できる!?『電柱広告』

No.92_知名度や認知度アップが期待でき店舗立地の悪さを挽回できる!?『電柱広告』

法令を遵守した公道上に掲出可能な広告媒体である『電柱広告』(電柱看板)。出稿する側にどんな効果・メリットがあるのか、懸念点(デメリット)や出稿費用感、どんな業種・ビジネスが向いているのかについて解説しています。

(目次)
■見かけたことはあるけど身近ではない?『電柱広告』
■『電柱広告』とは?
■電柱広告の特徴・メリット
■電柱広告の掲出(出稿)料金の例
■電柱広告の懸念点
■『電柱広告』はどんなビジネス・業種が向いているのか?
■まとめ

ホワイトペーパーダウンロードはこちらのページ!

ビジネス成功の近道になる『行動心理テクニック』

ビジネス成功の近道になる『行動心理テクニック』

マーケティングとは『売れるための仕組みを作る』ことと定義するケースが多くあります。
その仕組みを考えるうえで、顧客や消費者の心理・行動メカニズムを理解すれば、成果を出しやすくなる可能性が高まります。

マーケター・ビジネスマンが知っておきたい行動心理テクニックに関するブログ記事を紹介しています。

相手から受けた好意などに「お返しをしなきゃ」となる!?『返報性の原理』

No.1_相手から受けた好意などに「お返しをしなきゃ」となる!?『返報性の原理』

日本のマーケットに有効な効果が期待できる返報性の原理。4つの種類と活用する際のポイントや注意点を解説しています。

(目次)
■返報性の原理とは?
■『好意』以外でも効果を発揮する返報性の原理
■返報性の原理を活用する際のポイント
■返報性の原理を活用する際の注意点

みんなが持っているなら自分も欲しい!?『バンドワゴン効果』

No.2_みんなが持っているなら自分も欲しい!?『バンドワゴン効果』

行動心理学の1つであるバンドワゴン効果。BtoB・BtoCに関わらず多くのビジネスで活用されています。6つの活用例を中心に解説しています。

(目次)
■バンドワゴン効果とは?
■なぜ『バンドワゴン効果』が発生するのか?
■バンドワゴン効果の活用例
■最後に

弱い立場 or 不利な状況に追い込まれていると応援したくなる!?『アンダードッグ効果』

No.5_弱い立場 or 不利な状況に追い込まれていると応援したくなる!?『アンダードッグ効果』

行動心理学の1つである『アンダードッグ効果』。弱い立場や不利な状況に追い込まれた際に有効な心理効果の活用例や効果を発揮させるための条件などを解説しています。

(目次)
■『アンダードッグ効果』とは?
■なぜ発生するのか?
■アンダードッグ効果の活用例
■アンダードッグ効果を発揮させるための条件
■最後に

未完成な情報を提示されると続きが気になってしまう!?『ザイガニック効果』

No.08_未完成な情報を提示されると続きが気になってしまう!?『ザイガニック効果』

あえて未完成な情報を提供することで印象を残して続きを知りたいと思わせる『ザイガニック効果』。活用例や効果を発揮させるためのポイントなどを解説しています。

(目次)
■ザイガニック効果とは?
■BtoBマーケティングでも使えるザイガニック効果の活用例
■ザイガニック効果を発揮させるためのポイント
■最後に

購入の決断を後押しする『デッドライン効果』とは!?

No.9_購入の決断を後押しする『デッドライン効果』とは!?

なかなか購入に至らない・・・そんな時に背中を押す『デッドライン効果』について解説しています!

(目次)
■なかなか購入に至らない・・・そんな時に有用!
■デッドライン効果とは?
■デッドライン効果のBtoBマーケテイングでの活用例
■デッドライン効果が日本人向きな理由と活用時の注意点

購買意欲などを刺激でき、行動を誘導する効果が見込める!?『カリギュラ効果』

No.11_購買意欲などを刺激でき、行動を誘導する効果が見込める!?『カリギュラ効果』

禁止や制限を設けることで興味を持ち行動してしまう『カリギュラ効果』の原理とマーケティングでの活用例、注意点について解説しています!

(目次)
■『カリギュラ効果』とは?
■カリギュラ効果の身近な例
■カリギュラ効果のBtoBマーケテイングでの活用例
■カリギュラ効果を活用する際の注意点

商品やサービスに親近感が増して好印象を与える!?『バーナム効果』

No.12_商品やサービスに親近感が増して好印象を与える!?『バーナム効果』

親近感や好印象を持たせる心理的効果が見込める『バーナム効果』。活用例や使う際の注意点やコツを交えて解説しています!

(目次)
■『バーナム効果』とは?
■『バーナム効果』の身近な例
■『バーナム効果』のビジネスでの活用例
■『バーナム効果』を発揮させる5つのコツ
■『バーナム効果』を活用する際の注意点

意味がわからない言葉や用語で興味や説得力を持たせる『ジンクピリチオン効果』

No.13_意味がわからない言葉や用語で興味や説得力を持たせる『ジンクピリチオン効果』

興味や説得力を持たせる心理的効果が見込める『ジンクピリチオン効果』。活用例や使う際の注意点やポイントを交えて解説しています。

(目次)
■『ジンクピリチオン効果』とは?
■ジンクピリチオン効果の活用例
■ジンクピリチオン効果を使う際の注意点・ポイント

特定の良いところ or 悪いところが全体評価に影響を与えてしまう!?『ハロー効果』

No.31_特定の良いところ or 悪いところが全体評価に影響を与えてしまう!?『ハロー効果』

ある特定の特徴に影響を受けてしまい対象全体の評価を歪めてしまう『ハロー効果』。ビジネスでの発揮例や注意点、活用する際のポイントを解説しています!

(目次)
■『ハロー効果』とは?
■『ハロー効果』のメリット/デメリット
■『ハロー効果』の身近な例
■ビジネスシーンでの『ハロー効果』の例
■『ハロー効果』が発揮するマーケテイング例
■『ハロー効果』を発揮させるためのポイント
■こんな時には『ハロー効果』に注意が必要
■最後に

何度も何度も繰り返して接することで相手の興味を引き寄せる!?『ザイオンス効果』

No.33_何度も何度も繰り返して接することで相手の興味を引き寄せる!?『ザイオンス効果』

接触回数を増やすことで興味関心や好感度が高まりやすくなる『ザイオンス効果』。どういったメカニズムなのか、ビジネスでの活用例を解説しています。

(目次)
■『ザイオンス効果』とは?
■『ザイオンス効果』の身近な例
■『ザイオンス効果』のビジネスでの活用例
■『ザイオンス効果』を活用する際の注意点
■『ザイオンス効果』を発揮させるコツ

第一印象で思わず買ってしまう!?『アンカリング効果』

No.35_第一印象で思わず買ってしまう!?『アンカリング効果』

最初に与えられた価格といった情報(アンカー)によって意思決定に影響を及ぼす『アンカリング効果』。ビジネスシーンでの活用例や注意点について解説しています!

(目次)
■『アンカリング効果』とは?
■『アンカリング効果』のビジネスシーン(セールスやマーケティング)での活用例
■『アンカリング効果』を活用する際の注意点
■まとめ

知らない人の口コミの方が信頼性が増す!?『ウィンザー効果』

No.38_知らない人の口コミの方が信頼性が増す!?『ウィンザー効果』

知らない第三者からの情報の方が信頼性が増す『ウィンザー効果』。マーケティングにおける活用例や注意点について解説しています!

(目次)
■『ウィンザー効果』とは?
■『ウィンザー効果』の身近な例
■『ウィンザー効果』のビジネス(マーケティング)での活用例
■『ウィンザー効果』を活用する際の注意点
■まとめ

3つのうち真ん中が選ばれやすい『ゴルディロックス効果』『松竹梅の法則』とは!?

No.39_3つのうち真ん中が選ばれやすい『ゴルディロックス効果』『松竹梅の法則』とは!?

3つの選択肢のなかで真ん中が選ばれやすいというゴルディロックス効果・松竹梅の法則。メカニズムや活用する際のポイントを解説しています。

(目次)
■『ゴルディロックス効果』『松竹梅の法則』とは?
■『ゴルディロックス効果』『松竹梅の法則』の応用:『おとり(Decoy)効果』
■『ゴルディロックス効果』『松竹梅の法則』をマーケティングで活用する際のポイント
■『ゴルディロックス効果』『松竹梅の法則』を活用する際の注意点

対比することで実際よりも差を大きく感じやすくなってしまう『コントラスト効果』とは!?

No.40_対比することで実際よりも差を大きく感じやすくなってしまう『コントラスト効果』とは!?

2つ以上の物事を対比させる際に、実際の差よりも大きな差として感じる『コントラスト効果』。メカニズムや活用する際のポイントを解説しています。

(目次)
■『コントラスト効果』とは?
■『コントラスト効果』の身近な例
■『コントラスト効果』のビジネスでの活用例
■『コントラスト効果』を活用する際の注意点
■まとめ

商品の希少性と高級感によって購買意欲が高まる!?『ヴェブレン効果』

No.41_商品の希少性と高級感によって購買意欲が高まる!?『ヴェブレン効果』

商品価格が高く希少性が高いほど購買ニーズが高まる『ヴェブレン効果』。発揮させるための条件やマーケティングでの活用について解説しています!

(目次)
■『ヴェブレン効果』とは?
■『ヴェブレン効果』が発生する2つの条件
■『ヴェブレン効果』と混同しやすい行動心理効果
■マーケテイングでの『ヴェブレン効果』の活用例

限定的・希少性が高いモノに価値を感じて購買意欲が働く『スノッブ効果』とは!?

No.48_限定的・希少性が高いモノに価値を感じて購買意欲が働く『スノッブ効果』とは!?

多くの人が所有していないモノに価値を感じて「他人とは違うモノが欲しい」という購買意欲が働く『スノッブ効果』。活用例や注意点について解説!

(目次)
■『スノッブ効果』とは?
■マーケテイングでの『スノッブ効果』の活用例
■3つの行動心理効果の違いと『スノッブ効果』との組み合わせによる相乗効果
■『スノッブ効果』を活用する際の注意点
■まとめ

隠そうとするほど拡散してしまう!?『ストライサンド効果』

No.61_隠そうとするほど拡散してしまう!?『ストライサンド効果』

隠そうとするほど拡散してしまう『ストライサンド効果』。どういった現象なのか、発生するメカニズム、発生するパターン、回避策や発生後の対策を解説しています。

(目次)
■『ストライサンド効果』(消すと増える法則)とは?
■『ストライサンド効果』が発生するメカニズム・発生パターン
■『ストライサンド効果』の回避策・発生後の対策
■最後に

ゴールに向かう前進を感じるとモチベーションが高まりやり遂げる意欲が増す!?『エンダウド・プログレス効果』

No.62_ゴールに向かう前進を感じるとモチベーションが高まりやり遂げる意欲が増す!?『エンダウド・プログレス効果』

やり始めたことの目標やゴールに近づくほど、よりゴール達成に向けてモチベーションが高まる『エンダウド・プログレス効果』。由来や原理・メカニズム、日常生活とビジネスシーンでの事例などを解説しています。

(目次)
■『エンダウド・プログレス効果』とは?
■日常生活での事例
■ビジネスシーンでの事例
■最後に

~マーケターもデザイナーも理解しておきたい~過去の経験が、その後の行動や思考に大きな影響を及ぼす!?『アフォーダンス効果』

No.63_~マーケターもデザイナーも理解しておきたい~過去の経験が、その後の行動や思考に大きな影響を及ぼす!?『アフォーダンス効果』

過去の経験がその後の行動や思考に大きな影響を及ぼす『アフォーダンス効果』。由来から日常シーンやビジネスシーンにおける活用例、マーケターやデザイナーなどの職種ごとの活用パターンについて解説しています。

(目次)
■『アフォーダンス効果』とは?
■アフォーダンス効果の由来
■日常シーンやビジネスシーンにおける活用例
■職種ごとの活用パターン
■最後に

自分の考えは正しく多くの人も同じと思い込む『フォールス・コンセンサス効果』

No.67_自分の考えは正しく多くの人も同じと思い込む『フォールス・コンセンサス効果』

自分の意見や判断は常に正しく、他の多くの人も同じ思考や行動をする・合意してくれると思い込む『フォールス・コンセンサス効果』。由来や発生する要因、発生しやすいシーンやビジネスシーンで発生する際の弊害と予防策、対処法について解説しています。

(目次)
■『フォールス・コンセンサス効果』とは?
■フォールス・コンセンサス効果の由来
■フォールス・コンセンサス効果の発生する要因は2つ
■フォールス・コンセンサス効果が発生しやすいシーンとは?
■フォールス・コンセンサス効果の発生により生じる弊害と予防策&対処法
■最後に

香りや匂いで過去を想起する!?『プルースト効果』

No.68_香りや匂いで過去を想起する!?『プルースト効果』

特定の香りや匂いを嗅ぐことで、それに結びつく過去の記憶や感情を呼び起こす『プルースト効果』。効果が発生するメカニズム、ビジネスシーンでの活用例、「過去を想起させる」ほかの心理効果について解説しています。

(目次)
■『プルースト効果』とは?
■プルースト効果の発生原理・メカニズム
■ビジネスシーンでの活用例
■「過去を想起させる」効果はほかにも
■最後に

失敗しやすくなる or チャレンジ精神が高まる!?『希望的観測』

No.69_失敗しやすくなる or チャレンジ精神が高まる!?『希望的観測』

根拠や証拠が無いが自分にとって好ましい結果・期待通りに物事が進行しようと考える『希望的観測』。発生例や生じるデメリット、陥らないための対策や自身が陥った際の注意点などについて解説しています。

(目次)
■『希望的観測』とは?
■希望的観測の発生例
■希望的観測によって生じるデメリット
■希望的観測に陥らないための対策
■『希望的観測』で説得される場合に注意すべき点
■『希望的観測』に基づいて相手を説得したい時に必要なモノとは?
■最後に

結束力が強まる分、排他的になってしまう!?『内集団バイアス』

No.70_結束力が強まる分、排他的になってしまう!?『内集団バイアス』

自分が所属する集団やその集団に属するメンバーを、それ以外の集団よりも高く評価し、好意的に感じるようになる『内集団バイアス』。発生例や発生メカニズム、発生することで生じるデメリット、弊害を防ぐ方法などについて解説しています。

(目次)
■『内集団バイアス』とは?
■内集団バイアスを明らかにした実験
■内集団バイアスの発生例
■発生するメカニズムとは?
■発生することによるデメリット
■『内集団バイアス』による弊害を防ぐためには?
■最後に

都合の良い情報だけを取得し不都合な情報を避けるようになる『確証バイアス』のポジティブな活用方法

No.22_都合の良い情報だけを取得し不都合な情報を避けるようになる『確証バイアス』のポジティブな活用方法

自身にとって都合の良い情報ばかりを集める心理傾向である『確証バイアス』。ネガティブな影響とポジティブな活用例について解説しています。

(目次)
■『確証バイアス』とは?
■『確証バイアス』の身近な例
■ポジティブな『確証バイアス』とネガティブな『確証バイアス』を回避する方法とは?
■『確証バイアス』のマーケティングシーンでの活用例
■まとめ

課題解決できたりニーズを高められる!?『カラーバス効果』

No.54_課題解決できたりニーズを高められる!?『カラーバス効果』

意識し始めると、関連する情報が無意識に集まるようになる『カラーバス効果』。メカニズムやビジネスシーン・マーケティングアクション活用例について解説しています。

(目次)
■『カラーバス効果』とは?
■カラーバス効果の類似現象
■ビジネスシーン、マーケティングアクションにおける活用例
■まとめ

売り込むほど逆効果になってしまう!?『ブーメラン効果』

No.71_売り込むほど逆効果になってしまう!?『ブーメラン効果』

投げると元の場所に戻ってくるブーメランの軌道のように、行った行為や物事の結果が自身に返ってくる・逆効果となる『ブーメラン効果』。発生する要因、心理学以外の分野で用いられる例などについて解説しています。

(目次)
■『ブーメラン効果』とは?
■ブーメラン効果が発生する要因
■『心理的リアクタンス』を用いた心理効果はほかにも
■ブーメラン効果とスリーパー効果との関係性
■さまざまな分野で用いられるブーメラン効果(ブーメラン現象)
■ビジネスシーンで発生しがちなブーメラン効果
■最後に

一定以上のインパクトがないとスルーされる!?『サリエンス効果』

No.72_一定以上のインパクトがないとスルーされる!?『サリエンス効果』

一定以上の刺激を受けない限り、その対象に意識を向けない・反応しない『サリエンス効果』。マーケティング・ビジネスシーンでの発生例と活用例、応用例について解説しています。

(目次)
■『サリエンス効果』とは?
■サリエンス効果が発生する要因・メカニズム
■マーケティング(ビジネスシーン)での発生例・活用例
■サリエンス効果のマーケティング(ビジネスシーン)での応用例
■最後に

副業などの不定期収入ほど浪費しやすい!?『ハウスマネー効果』

No.75_副業などの不定期収入ほど浪費しやすい!?『ハウスマネー効果』

不労所得や臨時収入といった突然手にしたお金は、自分で労して稼いだ収入と比べて大胆に浪費しやすくなる『ハウスマネー効果』。発生するメカニズムや発生することによる弊害、実証した研究などについて解説しています。

(目次)
■『ハウスマネー効果』とは?
■ハウスマネー効果が発生するメカニズム
■浪費し損失が重なってしまうと・・・
■ハウスマネー効果を実証した研究結果
■最後に

~就活セミナーのサクラ騒動から見る~「質問が出にくい」雰囲気を打開するには!?

No.76_~就活セミナーのサクラ騒動から見る~「質問が出にくい」雰囲気を打開するには!?

就活セミナーのサクラ騒動の背景にある「質問が出にくい」雰囲気。この雰囲気はビジネスシーンでも発生します。特にミーティングの場面を例に、質問が出にくい理由や雰囲気を打破する方法について解説しています。

(目次)
■就職情報サイト運営企業による“サクラ”行為が発覚
■学生だけに限った話ではない「質問が出にくい」状況
■質問が出にくくなりがちなのが「ミーティング」
■心理的安全性とは?
■注目されるようになった背景
■心理的安全性を高めるメリット
■最後に

「〇〇しかない/〇〇もある」伝え方次第で印象が180度変わる!?『フレーミング効果』

No.18_「〇〇しかない/〇〇もある」伝え方次第で印象が180度変わる!?『フレーミング効果』

同じ事象でも伝え方や表現を変えることで相手に与える印象を変え、意思決定にも影響を及ぼすことができる『フレーミング効果』。メカニズムやビジネスシーンでの活用例について解説しています。

■『フレーミング効果』とは?
■マーケティングシーンの活用例
■セールスシーンの活用例
■カスタマーサクセスシーンの活用例
■まとめ

「ついで買い」や「クロスセル」を誘発する!?『テンション・リダクション効果』

No.56_「ついで買い」や「クロスセル」を誘発する!?『テンション・リダクション効果』

「ついで買い」や「クロスセル」を誘発する『テンション・リダクション効果』。この効果が発生する際の条件や活用例について解説しています。

■『テンション・リダクション効果』とは?
■マーケティング・ビジネスシーンでの活用例
■『テンション・リダクション効果』の日常シーンの発生例
■まとめ

変化すると損失が生じると感じてしまう!?『現状維持バイアス』

No.77_変化すると損失が生じると感じてしまう!?『現状維持バイアス』

何かを変化させれば現状がより良くなる可能性があるとしても、損失の可能性を考慮して現状を保持しようとする『現状維持バイアス』。発生する要因や発生例、予防策・克服方法について解説しています。

■『現状維持バイアス』とは?
■現状維持バイアスが発生する要因
■現状維持バイアスの発生例
■現状維持バイアスに陥らない・克服するためにはどうすれば?
■最後に

自分の中で分類したカテゴリーによって倹約 or 浪費しやすくなる!?『メンタル・アカウンティング』

No.78_自分の中で分類したカテゴリーによって倹約 or 浪費しやすくなる!?『メンタル・アカウンティング』

お金に関して意思決定をする際、最終的な支出は変わらないにも関わらず、自分の心の中でカテゴリー・トピックごとに分類する『メンタル・アカウンティング』と、関連・派生する心理的傾向などについて解説しています。

■『メンタル・アカウンティング』とは?
■日本の家庭や会社組織で根付く『メンタル・アカウンティング』
■『メンタル・アカウンティング』を顕在化した実験
■関連・派生する心理的傾向
■最後に

生じた損失を取り戻そうとリスキーな判断や行動をしてしまう!?『ブレークイーブン効果』

No.79_生じた損失を取り戻そうとリスキーな判断や行動をしてしまう!?『ブレークイーブン効果』

生じた損失分を取り戻そうとして、普段よりも積極的にリスクのある判断や行動をする『ブレークイーブン効果』。実証された実験と日常生活やビジネス、マーケティングでの発生例について解説しています。

■『ブレークイーブン効果』とは?
■リチャード・セイラー教授らによる実証実験
■ブレークイーブン効果の典型的な例
■最後に

損失が生じるとリスクを避けて『守り』に入ってしまう!?『スネークバイト効果』

No.80_損失が生じるとリスクを避けて『守り』に入ってしまう!?『スネークバイト効果』

損失が発生した際「今後さらに損失が膨らんでしまうのでは」と恐れ、それ以降リスクを避けるようになる『スネークバイト効果』。具体例や関連する心理事象、ビジネスシーンでの克服法などについて解説しています。

(目次)
■『スネークバイト効果』とは?
■スネークバイト効果の具体例
■関連する心理事象
■最後に

成功例だけを参考にして見誤ってしまう!?『生存者バイアス』

No.84_成功例だけを参考にして見誤ってしまう!?『生存者バイアス』

失敗したことを見ずに成功した(≒生存した)ことのみを基準に判断してしまい、不完全で歪んだ結果を導き出してしまう『生存者バイアス』。具体例や発生することによる影響・リスク、回避する方法などについて解説しています。

(目次)
■『生存者バイアス』とは?
■生存者バイアスの具体例
■生存者バイアスが発生することによる影響・リスク
■生存者バイアスによるリスクを回避する方法とは?
■まとめ

対象を偏って選ぶことで不正確な結論を導き出してしまう!?『サンプリングバイアス』

No.85_対象を偏って選ぶことで不正確な結論を導き出してしまう!?『サンプリングバイアス』

調査や分析の対象となる集団から、無作為にサンプルを選ばないことで結果に偏りが生じてしまう『サンプリングバイアス』。代表的な具体例と、回避する方法などについて解説しています。

(目次)
■『サンプリングバイアス』とは?
■サンプリングバイアスの具体例
■サンプリングバイアスを回避する方法とは?
■最後に

対象者の「意志」や「判断」によって事実と異なる結論を出してしまう!?『自己選択バイアス』

No.86_対象者の「意志」や「判断」によって事実と異なる結論を出してしまう!?『自己選択バイアス』

調査対象(サンプル)をランダムに選定(抽出)しても、対象者の「意志」や「判断」といった要因が介入することで、事実と異なる結論が導かれてしまう『自己選択バイアス』。具体例や対策方法、類似したバイアスとの違いなどについて解説しています。

(目次)
■『自己選択バイアス』とは?
■類似したバイアスとの違い
■自己選択バイアスの具体例
■自己選択バイアスへの対策方法
■最後に

「おとり」や「引き立て役」があると購入を後押ししやすくなる!?『デコイ効果』

No.55_「おとり」や「引き立て役」があると購入を後押ししやすくなる!?『デコイ効果』

あえて見劣りする第3の選択肢を『おとり』として提示することで、消費者の意思決定をより誘導しやすくなる『デコイ効果(おとり効果)』。ビジネスシーンでの活用例や使用時の注意点などについて解説しています。

(目次)
■『デコイ効果(おとり効果)』とは?
■デコイ効果が実証された実験
■『デコイ効果(おとり効果)』の基礎となる心理効果
■ビジネスシーンでの活用例
■『デコイ効果(おとり効果)』を活用する際の注意点
■最後に

気になる情報だけ取捨選択するようになる!?『カクテルパーティー効果』

No.52_気になる情報だけ取捨選択するようになる!?『カクテルパーティー効果』

多くの情報の中から、自身が必要とする特定の情報を無意識に取捨選択するようになる『カクテルパーティー効果(選択的注意)』。発生する仕組み(メカニズム)、効果によって発生する影響や活用するためのポイントなどについて解説しています。

(目次)
■『カクテルパーティー効果』とは?
■発生する仕組み(メカニズム)
■実証された実験
■カクテルパーティー効果によって生じる影響
■カクテルパーティー効果を活用するためのポイント
■最後に

不特定多数が「記憶違い」をしてしまう!?『マンデラ効果』

No.93_不特定多数が「記憶違い」をしてしまう!?『マンデラ効果』

不特定多数の人の中で事実と異なる記憶を共有している現象である『マンデラ効果』。由来・語源や実証した実験、さまざまな具体例、なぜ発生するのか?解説しています。(※学術用語・概念ではありませんが、心理効果として記載しています)

(目次)
■自分を含めた複数人と「記憶違い」や「思い違い」をした経験、ありませんか?
■『マンデラ効果』とは?
■マンデラ効果の具体例
■なぜ発生するのか?
■最後に

取得する情報が「自分好み」に偏ってしまう!?『フィルターバブル』

No.95_取得する情報が「自分好み」に偏ってしまう!?『フィルターバブル』

インターネット上で自分の思想や価値観に合わせた情報のみが作為的に表示されることで、異なる意見が目に入りにくくなり、受動的に「泡(バブル)」に包まれたように孤立してしまう『フィルターバブル』。発生する仕組みや発生例、メリットとデメリット、対策方法について解説しています。

(目次)
■『フィルターバブル』とは?
■フィルターバブルが発生する仕組み
■代表的なフィルターバブルの発生例
■フィルターバブルと『エコーチェンバー』・『サイバーカスケード』との違い
■フィルターバブルによって生じるメリット
■フィルターバブルによって生じるデメリット
■フィルターバブルを対策する方法とは?
■まとめ

SNSでは偏った意見や主張を増幅させてしまう!?『エコーチェンバー』

No.96_SNSでは偏った意見や主張を増幅させてしまう!?『エコーチェンバー』

SNS上で自身の思考や思想が肯定され、同様の意見を見聞きし続けることによって、自身の言説が増幅・強化する現象である『エコーチェンバー』。発生する原因や発生することで助長してしまう事象、類似した現象との違いや発生例、発生することによって生じる問題点と対策方法について解説しています。

(目次)
■『エコーチェンバー』とは?
■なぜ発生するのか?
■発生することで助長してしまう事象も
■類似した現象との違い
■エコーチェンバー現象の発生例
■『エコーチェンバー現象』が発生することによる弊害と対策方法
■最後に

極端な思想へ先鋭化しバッシングを助長する!?『サイバーカスケード』

No.97_極端な思想へ先鋭化しバッシングを助長する!?『サイバーカスケード』

同じ思想や主義を持っている他者とインターネット上で結びつきを強め先鋭化することで、異なる考えや主張を排除が進み、閉鎖的かつ過激なコミュニティを形成する『サイバーカスケード』。なぜ発生するのか、発生することによって生じる問題点、発生例や発生を回避する方法などについて解説しています。

(目次)
■『サイバーカスケード』とは?
■サイバーカスケードが発生する背景と弊害
■『サイバーカスケード』の発生例
■『サイバーカスケード』の発生を回避するためには?
■まとめ

自分自身をコントロールできると過信してしまう!?『自制バイアス』

No.98_自分自身をコントロールできると過信してしまう!?『自制バイアス』

「自分は誘惑に負けない(=自制できる)」と過信したり過大評価してしまう『自制バイアス』。具体例や発生する理由、克服・回避するための方法などについて解説しています。

(目次)
■『自制バイアス』とは?
■自制バイアスの具体例
■なぜ発生するのか?
■自制バイアスを克服するためには?
■最後に

正論を言えば言うほど逆効果!?『バックファイア効果』

No.99_正論を言えば言うほど逆効果!?『バックファイア効果』

自分の意見や信念と対立する情報を提示された際、その反対意見を聞き入れずに自身の考えをより強固にする『バックファイア効果』。発生する要因や具体例、効果を緩和する方法などについて解説しています。

(目次)
■『バックファイア効果』とは?
■なぜ発生するのか?
■『バックファイア効果』の具体例
■『バックファイア効果』を緩和する方法
■最後に

「有言実行」に向けてモチベーションが高まる!?『宣言効果』

No.100_「有言実行」に向けてモチベーションが高まる!?『宣言効果』

自分の目標を日々の生活で目に留まるところに書き留めたり他人など周囲に宣言することで、その目標の達成率を上げる『宣言効果』。なぜ発生するのか、どんな効果があるのか、具体例を踏まえて解説しています。

(目次)
■『宣言効果』とは?
■どんな効果があるのか?
■宣言効果の具体例
■最後に

重大な問題であるほど見過ごされてしまう!?『傍観者効果』

No.101_重大な問題であるほど見過ごされてしまう!?『傍観者効果』

ある事象に対して参加者や目撃者が多ければ多いほど自身の周囲にいる「傍観者」と同化してしまい、当事者意識を失い率先して行動を起こさなくなる『傍観者効果』。発生することで生じる影響や類似する心理事象、対策方法などについて解説しています。

(目次)
■『傍観者効果』とは?
■提唱されたきっかけと実証実験
■『傍観者効果』によって生じる影響
■『傍観者効果』の発生例
■なぜ発生するのか?
■『傍観者効果』と類似した心理事象
■『傍観者効果』の発生を予防する・解消する方法
■最後に

ビジネス(マーケティング)にも活用できる!?『プラシーボ効果(偽薬効果)』

No.102_ビジネス(マーケティング)にも活用できる!?『プラシーボ効果(偽薬効果)』

(目次)
■『プラシーボ効果』とは?
■なぜ発生するのか?
■日常での発生例
■ビジネスへの応用例
■『プラシーボ効果』とネガティブな『プラシーボ効果』によるデメリット
■最後に

売り込むほど敬遠される!?『嫌儲バイアス』

No.104_売り込むほど敬遠される!?『嫌儲バイアス』

「お金を儲ける=悪いこと」と考え、忌み嫌うようになる『嫌儲バイアス』。発生するとどんな影響が生じるのか、発生理由や具体例、日本人に特に発生しやすい理由や対策方法などについて解説しています。

(目次)
■確かに「お金持ち」や「成功者」には怪しい人も多いのですが・・・
■『嫌儲バイアス』とは?
■『嫌儲バイアス』によって生じる影響とは?
■なぜ発生するのか?
■『嫌儲バイアス』に関するさまざまな実験
■『嫌儲バイアス』の具体例
■日本人が囚われやすいのはなぜ?
■『嫌儲バイアス』への対策方法(DLコンテンツのみ)
■まとめ(DLコンテンツのみ)

ホワイトペーパーダウンロードはこちらのページ!

マーケティング組織においても重要な『人事評価やマネジメント』

マーケティング組織においても重要な『人事評価やマネジメント』

特に中堅・小規模企業の場合、社内のマーケター、マーケティング業務の従事者をどう評価するか、難しさを感じることが多いものです。

マーケティング業務・マーケターのスキルや成果に応じて人事評価し報酬や待遇を決定する、モチベーションアップとさらなる成果のアウトプットに向けてマネジメントすることは、マーケティング組織においても重要なポイントです。

マーケティング組織でも活用できる、『人事評価・マネジメント』に関するブログ記事を紹介しています。

切磋琢磨する環境だとパフォーマンス(成果)が上がる!?『ピア効果』

No.74_切磋琢磨する環境だとパフォーマンス(成果)が上がる!?『ピア効果』

仲間や同僚の仕事振りやパフォーマンス(成果)が、他の人に生産性などの影響を与える『ピア効果』。立証された実験や注目されている理由、メリットや注意しておきたいポイントなどについて解説しています。

(目次)
■『ピア効果』とは?
■ピア効果の実証実験
■ピア効果が注目されている理由
■ピア効果のメリット
■ピア効果を活用する際に注意しておきたいポイント
■最後に

期待する・褒めることで成果が高まる!?『ピグマリオン効果』

No.23_期待する・褒めることで成果が高まる!?『ピグマリオン効果』

期待を受けることによって、学習や業務の成果が高まる『ピグマリオン効果』。ビジネスシーンでの活用例と混同されやすい心理効果、注意すべきポイントについて解説しています。

■『ピグマリオン効果』とは?
■『ピグマリオン効果』のビジネスシーンでの活用例
■混同されやすいピグマリオン効果と『ハロー効果』&『ホーソン効果』
■『ピグマリオン効果』がもたらすリスク、注意すべきポイント

ホワイトペーパーダウンロードはこちらのページ!

『マーケティング界隈の豆知識』を解説!

『マーケティング界隈の豆知識』を解説!

仮に知らなくても実際の業務に支障が生じることはないかもしれませんが、知っておくと「遂行する業務に深みが出る」「同じ部署のメンバーや同僚とのミーティングで発言に説得力」が増す効果が期待できる、「マーケティング界隈の豆知識」に関するブログ記事を紹介しています。

マーケティング界隈の豆知識~『動画』と『映像』の違い~

No.103_マーケティング界隈の豆知識~『動画』と『映像』の違い~

あやふやな使い分けをしがちな『動画』と『映像』という言葉。それぞれの言葉の意味と、違いを見極めるための指標などについて解説しています。

(目次)
■『動画』と『映像』の違い、わかりますか?
■それぞれの言葉の意味とは?
■違いを見極めるための指標
■まとめ

マーケティング界隈の豆知識~『制作』と『製作』の違い~

No.105_マーケティング界隈の豆知識~『制作』と『製作』の違い~

使い分けに悩みがちな『制作』と『製作』という言葉。それぞれの言葉の意味と、使い分けるケースなどについて解説しています。

(目次)
■『制作』と『製作』の違い、わかりますか?
■『制作』の意味とは?
■『製作』の意味とは?
■使い分けるケースも
■まとめると・・・

マーケティング界隈の豆知識~『デザイナー』と『クリエイター』の違い~

No.106_マーケティング界隈の豆知識~『デザイナー』と『クリエイター』の違い~

イメージが似通っていて、使い分けに悩むことが多い『デザイナー』と『クリエイター』。それぞれの言葉の意味と違い、関連するさまざまな職種を含めて解説しています。

(目次)
■『デザイナー』と『クリエイター』の違い、わかりますか?
■『デザイナー』の意味とは?
■『クリエイター』の意味とは?
■まとめると・・・

ホワイトペーパーダウンロードはこちらのページ!

ビジネスを有利にする『ブランディング』

ビジネスを有利にする『ブランディング』

企業や商品、サービスに対するイメージ、ブランドを形作るための活動を意味する『ブランディング』。

ブランドは、企業や商品、サービスの名称やキャッチコピー、ロゴ、ビジュアルなどさまざまな要素で構成されます。
「〇〇といえばあの商品」といったように、消費者に他社の商品との「違い」を認識されることで成立します。

企業や商品・サービス独自の強みが認識され、マーケットで明確なポジションを築けている、つまりブランディングが機能していると、集客や販売促進といったマーケティングやセールス活動に有利に働きます。

集客や販売促進といったマーケティングやセールス活動に有利に働く『ブランディング』に関するブログ記事を紹介しています。

『知名度』と『認知度』の違いとは!?

No.36_『知名度』と『認知度』の違いとは!?

理解しているようで曖昧な『知名度』と『認知度』の違いやそれぞれの意味について解説しています!

(目次)
■わかっているようでわかっていない?知名度と認知度
■購入してもらうためには『価値』を知ってもらうことが大切!

株式会社SBSマーケティングについて

制作会社とハードウェア・ソフトウェア販売会社での実務経験

一言で「マーケティング」と言ってもミッションは会社それぞれ異なり、やるべきことは多岐に渡るため、専門的なスキルとともに俯瞰した視点・アクションも求められます。

当社では、中堅・小規模の企業様、個人事業主様・フリーランス様それぞれの事情・状況に応じた、見込み客(リード)の獲得から、購入検討確度のアップ、商品やサービスの認知度・知名度のアップ、マーケターの採用・組織設計といった、集客や販売促進業務を加速させるためのサービスを取り揃えており、戦略の策定から戦術の実行まで幅広くカバーすることができます。

マーケティング戦略の策定

・単年ごと、3年~5年の中長期の戦略策定
・競合企業・商品のリサーチ
・広告宣伝費を含めたマーケティング予算の策定から管理まで

リードジェネレーション(見込み客獲得)

・セミナーや展示会へのブース出展といったリアルイベント
・コンテンツ掲載メディアの運用
・Webコンテンツや営業の販促チラシ・カタログ制作の進行管理
・拡販のための販売代理店やセールスがアプローチする企業などのアタックリストの作成

リードナーチャリング(見込み客の購入検討確度アップ)

・MAツールの社内導入から実運用・効果測定
・社内で散在しがちなリード情報を集約、ハウスリストを作成し運用

セールス部門との連携

・大手から中小規模の販売代理店との拡販施策の策定と実行

マーケティング組織の設計・マネジメント

・マーケターやデザイナーの新規採用
・管理職として部門メンバーの評価項目の策定、人事評価

ブランディング

・自社ブランド情報誌の発行など

特徴として、自社で取り扱う商品やサービスの販売強化・拡販の観点から中小規模の事業会社でマーケティングに従事していたこともあり、人的資源や予算といったリソースの「物量」投入ではなく、オンライン・オフライン含めたコンテンツを軸とした施策、販路拡大に比重を置いた「少人数・低コストで効率的なマーケティングアクション」の実務経験を保有しております。

さらに、中小規模企業のマーケティングに求められることの多い「対応できる範囲の広さ」というのも、特徴・ポイントと言えます。

ビジネスを加速させる際に有利になるマーケティングや集客、販売促進に関する疑問や課題の解決に向けて、当社が『伴走』させていただきます!

マーケター・マーケティング担当を採用したい際はまず株式会社SBSマーケティングへお問い合わせください!

株式会社SBSマーケティング

株式会社SBSマーケティングでは、BtoB(企業間取引)を中心にマーケティングや集客に関連したコンサルティングサービスをご提供させていただいております。

中堅・小規模企業様向けサービスはこちら


個人事業主&フリーランス様サービスはこちら

お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

お問い合わせイメージ

メルマガ登録で無料プレゼント!!ご登録はコチラから

マーケティングは試行錯誤を重ねる必要がありますが、リソースの制約などによって思うように時間をかけることはできません。

現状や課題、求める成果をお聞きしてマーケティングの確度を上げるために併走させていただきます。